日本比較免疫学会第30回学術集会のご案内


学術集会長:森友 忠昭(日本大学生物資源科学部獣医学科 魚病/比較免疫学研究室)
事務局長:片倉 文彦(日本大学生物資源科学部獣医学科 魚病/比較免疫学研究室)

1.会期と会場
平成30年8月20日(月)~ 22日(水)
日本大学生物資源科学部(湘南キャンパス)1号館 121講義室
(〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866)

2.連絡先
日本比較免疫学会第30回学術集会事務局
〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
日本大学生物資源科学部獣医学科 魚病/比較免疫学研究室
(TEL:0466-84-3381, FAX:0466-84-3380)
E-mail:nuvetfish@gmail.com

3.日程と概要
・8月20日(月)
<午後> 開会の辞
一般講演
教育講演 前仲 勝実 (北海道大学教授)
・8月21日(火)
<午前> 一般講演
<午後> 総会、古田賞、奨励賞、優秀論文賞発表ならびに表彰
古田賞受賞者講演
古田優秀論文受賞者講演
教育講演 廣野 育生 (東京海洋大学教授)
酒井 正博 (宮崎大学教授)
特別講演 笠原 正典 (北海道大学教授)
記念撮影
懇親会 日本大学生物資源科学部・本館ガレリア階「スエヒロ」
・8月22日(水)
<午前> シンポジウム「免疫細胞とその起源」
田久保 圭誉 (国立国際医療研究センター研究所
茂呂 和世 (理化学研究所)
邊見 弘明 (和歌山県立医科大学)

4.参加費

・学会参加費
正会員、非会員:5,000円
博士課程後期学生:3,000円
修士課程(博士課程前期)学生、学部学生:無料
・懇親会費
正会員:4,000円
博士課程後期学生:3,000円
修士課程(博士課程前期)学生、学部学生:無料

5.振込先締切り:2018年7月4日まで延長
・同封の払込取扱票を利用し、下記口座にお振込ください。
口座記号番号:00280-8-105186
口座名称(漢字):第30回日本比較免疫学会学術集会
口座名称(カナ):ダイサンジュッカイニホンヒカクメンエキガッカイ
ガクジュツシュウカイ

・ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込む際には、下記口座にお振込ください。
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:0二九店(ゼロニキュウ)店(029)
口座番号:当座0105186
口座名称(漢字):第30回日本比較免疫学会学術集会
口座名称(カナ):ダイサンジュッカイニホンヒカクメンエキガッカイ
ガクジュツシュウカイ

6.参加申し込み・演題申し込み締切り:2018年7月4日まで延長
メール添付の参加申込書(JADCIホームページからダウンロード可)の全ての項目について、必要事項をE-mailの本文中に書き込み、E-mailアドレスnuvetfish@gmail.comに送信してください。メールでの申し込みが難しい方はご相談ください。

7.発表要領
PC用液晶プロジェクターを使用します(PowerPoint2013/Windows10)。OHP、スライドは使用できません。USBメモリー対応のパソコンを用意しますので、PowerPointファイルを事前に当方のパソコンにコピーするか、ご持参のメディアを接続して投影していただくことになります。試写用のパソコンを会場受付にご用意いたしますので、動作の確認は事前に行ってください。ご自分のパソコンの接続をご希望の場合は前もってその旨ご連絡ください。


8.講演要旨(一般講演)の書き方と提出方法締切り:2018年7月4日まで延長
講演要旨は、見本を参照して、和文または英文で作成してください。
(1)提出方法
電子メールでご提出ください。
ご無理な場合は集会事務局までご相談ください。
見本(A4版、別紙)に従って講演要旨(A4版1枚)を作成し、E-mailの添付ファイルにてpdfファイルとMS-Wordファイルの両者をnuvetfish@gmail.com宛てに送信してください。
(2) 書式(別紙見本を参照。JADCIホームページからダウンロードできます。)
1行目:タイトル(センタリング)、MS明朝・太字・14ポイント。
2行目:著者(センタリング)、MS明朝・10.5ポイント、氏名の右肩に数字を付ける。発表者の氏名の左肩に〇(マル)を付ける。
3行目:所属(センタリング)、MS明朝・10.5ポイント、氏名の右肩に付けた数字に対応する数字を、左肩に付ける。
4行目:英語タイトル、Times New Roman・太字・10ポイント。
5行目:著者(英語・センタリング)、Times New Roman
・10ポイント、氏名の右肩に数字を付け、所属機関の左肩に対応する数字を付ける。発表者の氏名の左肩に〇(マル)を付ける。
6行目:所属(英語・センタリング)、Times New Roman・10ポイント、氏名の右肩に付けた数字に対応する数字を、左肩に付ける。
7行目以降:本文、MS明朝・10~11ポイント、左右の2段組、右段1行23文字+左段1行23文字、【目的】、【材料と方法】、【結果】、【結論】に分けて記載する。【参考文献】(省略可)については、必要に応じて、主要なものを記載してください。
(3)注意事項
①A4版縦サイズ、一頁の行数46行、一行の文字数45文字(2段組:23+23文字)程度で作成してください。多少の変更は構いません。
②電子メールで提出される方は、MS-Word2013/Windows10形式で読み込み可能なファイルとして下さい。
③所属が一行に収まらない場合は改行し、さらに省略名で記入しても結構です。(例:北海道大学→北大、埼玉医科大学→埼玉医大)
④英文氏名、所属が一行に収まらない場合は改行し、さらに省略名で記入しても結構です。
⑤タイトル、著者名、所属、本文の間に、原則として、それぞれ一行スペースをとってください。
⑥【結果】の中に、図表を入れても構いません。但し、写真等の質については保障できませんので、この点に十分ご留意ください。
⑦一般講演以外の特別講演並びにシンポジウム講演の和文要旨の作成にあたっては、【目的】、【材料・方法】、【結果】、【結論】の項目立てにこだわる必要はありません。発表内容に合わせて、適宜作成していただいて結構です。

9.会場へのアクセス

日本大学生物資源科学部公式ホームページ
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/

アクセスマップ
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/access_map.html
東京方面から最寄り駅(小田急江ノ島線 六会日大前駅)までの所要時間
約1時間
六会日大前駅から徒歩約4分



   路線図





















キャンパスマップ
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/campus_life/campus_map.html


10.宿泊等については、各自、予約をお願い致します。